ティアラ

空港駐車場よりruの車に乗り、とりあえず“福岡タウン中心部(博多駅・中州・川端・天神周辺)”へ

ランチ場所を検討しながら向かいます。
 
 

移動中の車内は、
ruのタウンガイドのアナウンスが入ってみたり、その他の色々な話題に話がいってみたりと
車内の様子は、何年経っても変わらないものだと(笑)
 
 

そんな中――

大きく以前と明らかに違っていたものがありました。

それは、私の体感です。
 
 

東京羽田空港から福岡空港へ到着した時は、
気温の温度差で「福岡、寒―い!」としか感じませんでした。
 

ところが、ruの車に乗り一般道を走り始め、しばらくすると――
 

第一チャクラより、本質のエナジーが、大地のエナジーが、振動が、時にパワフルに、
ビンビンとダイレクトに伝わってくるではありませんか(わぁースゴイ!!)

そのパワーは、場所(通過する道)により強弱するように感じ、
それはまるで「心臓のポンブ」の上を歩いているような――
強く感じるところは、まるで“動脈”の上を歩いているよう(ドクドクっと、大きく振動し響きます)
小さく感じるところは“静脈”上を滑っているようななめらかさ――
 

福岡の中心部は、まるで身体中に血液を循環させる機能をもつ“心臓”のようだ――
 

そんな風に思えてなりませんでした。
 

そのパワーの凄さに、とある場所を通過する度に――

「ここ!!スゴイねー!本質のエナジーがダイレクトに伝わってくるよ~」

「すごいね!九州、福岡!」

と、車内で飛び交っている話などお構いなしで、ひとり連呼していました(ナハハ)
 
 

ランチ場所を求め、ひとまず車を西鉄福岡(天神)駅直結の駐車場へ入庫。
 

車を降りて、美味しいパン&コーヒーを求めプラプラ……。

何処も混んでおります。
ようやく座ったカフェで――
始まりました!“おしゃべりタイム”

たっぷり時間があると、余裕でのんびりしていたら……
 

『あら!?もうこんな時間!!』
『はやく行かないと、閉まるとよ!東長寺』
 

博多駅周辺という便の良さもあって、初日に訪問予定をしていた“東長寺”
東長寺は、弘法大師空海を開祖とし、創建1200年以上を誇る寺院です。
日本最大級の木造釈迦像“福岡大仏”が拝観できます。
 

東長寺(本堂)

東長寺
本堂

 

東長寺(六角堂)

六角堂


 

急いで移動します。
あと少しで閉門の17時、ぎりぎり滑り込みます。

東長寺  寺院内の大きな木

東長寺 
寺院内の大きな木

 

案の定、寺院には入れたものの――
本堂(ここだけ入れました。でも、ゆっくりはできません)・大仏堂・聖天様のお堂……
既に鍵がかかって閉められていました(残念)

 

聖天さん前

聖天様がお祀りしてある
お堂(すでに鍵が…)
ruが隣で呟く「聖天様、厳しいけん…」

 

最終日に再訪することにしました(苦笑)
 
 

東長寺を後にし、ホテルヘチェックイン。
 

夕飯“水炊き”の予約時間まで、お部屋で時間調整。またお喋り(笑)
 

ここからは“時間厳守”です。
 

ruが、昨年のうちから予約して押さえておいてくれた“水炊き 長野”

水炊き”長野”

こちらは、100年以上の歴史を持つ老舗だそうで――
鶏ガラ100%で作る、すっきりと透き通ったスープが自慢。
天然飼料で育てた鶏肉は、脂肪少なめの若鶏だけを使っているとのこと。

数分の遅刻で、席はキャンセル扱いされてしまうと……ruが言っていた。

時間ギリギリ到着! セーフ!!

店内は満席! 問い合わせ電話も、ひっきりなしに鳴っている
(ruが、昨年の暮れに「今のうちに予約したいから“水炊き”いつ行くと?」と言ってくるわけだよね)
 

席に付き、用意されていた鍋に火が入る。

*もちろん、お約束!の如く、鍋物には、店員のお姉さんからの指示GO!が出されるまで――
Don’t touch !!でございます(笑)

ベテランの店のお姉さん達は、お酒や材料を手際よく運びながら、各テーブルの鍋加減を
完璧に、さり気なくチェックしておられるのです(すごーい!)

チラッとでも鍋に触れようものなら……

瞬時に、テーブルや通り道を超えて、お姉さんの一声が、その行動に釘を刺すように――

ゆる~く大きな声で飛んできます!

『おねえーさん、やるけん! 触らんでねー~』イエローカードなみの忠告です(笑)

私達は呟きます――

“Don’t touch !!” “Don’t touch !!”フフフフフ……

お姉さん方の各テーブルへの目配りの素晴らしさ(厳しさ、配慮)はピカイチ!さすがです。
まるで、頭の後ろにも目がついているよう(ヒィー)

 

ruが予めオーダーしておいてくれた品々が、次々に運ばれ――
「いただきまーす!!」

どれも全て、美味しいです(嬉)

お鍋には、次から次へと、鶏肉の各部位が――

これで一人前!? というぐらい、たくさんの鶏肉とお野菜です。
全部食べ切れるのかなー!?って、思ったほどです。

美味しく全部食べ終わり、ふぅーっと一息ついていたら……
 

お店のお姉さん再び登場――

『この後、どうすると?ご飯入れて雑炊すると?それとも、うどん入れると?』

あわわわぁ~……

とても美味しそうだけど、もうお腹いっぱいで……
入りそうにないので、残念だけど断念――〆なし鍋となってしまいました(苦笑)
 

次回は、最後の“雑炊又はうどん”まで食べてみたいなぁ。
途中の量を加減できると有り難いのだけれど……

何回チャレンジしても、最後の〆を楽しめなかったりしてね(苦笑)
 

さぁー、水炊きに大満足の後は――
 
 

塾で勉強していたrintoを迎えに、ruの車で再びタウンの中心部へ。
 

車内でrintoを待ちます。

“コン!コン!”外から車の窓ガラスを叩く音♪――ニッコリと微笑むrintoくん!

「おぅーーーrinto~!!!」

2年ぶりの再会です♪(嬉)

制服姿のrintoと パチリ!

制服姿のrintoと
パチリ!

 

rintoを乗せ、ruの自宅へ――予定通りです。

ruとrintoの愛犬、ティアラとも12年ぶりの再会です!

ruとrintoの愛犬 ティアラ

ruとrintoの愛犬
ティアラ

ティアラ
 

福岡に来てやりたいこと!のひとつ――ティアラとお散歩!

さっきまで制服姿だったrintoも着替えて、夜の大濠公園を、ティアラを連れて――

みんなで、お散歩しに行きます!!
 

大濠公園は、ティアラのお散歩コースだったり、rintoが小さな頃より走ったり遊び場にしたりと、
ru達にとってとても慣れ親しんでいる公園です。

今回は夜なので、大濠公園のお堀の周りを半周、約1Kmを往復することにしました。

1km先にちょうどスターバックスがあり、そこでコーヒーを飲んで帰って来ることにしよう!と……

早速、寒さ厳しい中、出発です!
 
 

公園内に入ると、早速、ティアラは用足し(微笑)
その後、歩かず(笑) ruがしばらく抱っこ――その後、またチョロチョロと歩き出したのかな!?
 

私とrintoは――

「rinto、最近、調子はどう?鼻血とか出てない?」
『うん!大丈夫。最近はあまり鼻血でんとよー』
「ほんと~それはよかった!」

などと体調の話や――
rintoが公園内にあるあれやこれや指をさしながら

『ねー、ゴンちゃん、あそこにある光っているものあるでしょ?あれ見えると?』
『あれねー、あれがねー……』

と、大濠公園の色々を教えてもらいながら、ru達のかなり先方を歩いていました。
 

途中、あまりの寒さにrintoと私は、コートに付いているフードを頭に被りました。

琳人と

夜の大濠公園にて
とっても寒い!!

 

夜の暗い公園内を歩く二人――

「スターウォーズに出てくるジェダイみたいだね!」
と、鼻水をすすりながら進みます(笑)
 

rintoから歩きながら説明があった大濠公園内にある“クジラ公園”が左手に見えてきました。
 

何のスイッチが入ったのか!?

rinto――突然、クジラ公園に進入!

『ゴンちゃん!ねー、きてー』
と、クジラの口を大きく開けたようなカタチの、口のてっぺんに上ったrintoからのお誘い。

rintoの横に、よっこらせ!と上っていくと――

『ここから、滑り落ちて、その勢いで、向こうのクジラの口の一番高い所まで駆け上がるの!』
『rintoがやるけん、見ててー』

ほぅー!!
「けっこう急な坂や~ん。大丈夫?」

『うん!大丈夫!』
『行くと―――』
 

ひゃーー……子どもは身軽でいいね~
と、呑気に見物していました。

チャレンジ1回目、あと一息のところで失敗。

再度、チャレンジしたrinto。2回目にして見事、成功!!

スゴイなー(笑)
 

対面の頂上から、rintoが叫ぶ――

『次、ゴンちゃん!ゴンちゃんもやってみてー!』

なに!?!? えっ!?

――やるの!?……―― 一瞬、迷っていると……
 

『はやく~ ハイ!スタート!!』
『ゴンちゃーん!!』

わわわーーー
 

やるかぁ!……

“最初の滑り落ちる―”だけでも、かなりブレーキがかかってしまう始末(トホホ)

この勢いを上手く使えず、急な坂を駆け上がる――あと一歩!というところで滑り落ちて失敗。

『もう、1回!!』
『ファイト~』

はぁっ……、rintoの激が飛ぶ――

何回チャレンジしても、あと一歩!のところで靴は脱げるはでズルズルと滑り落ちる(発汗)
 

頂上でrintoが真剣な顔をして、サポートをし始める――

『ゴンちゃん!rintoの手につかまってー!!』――失敗

『ゴンちゃん!rintoの足につかまってー!!』――失敗

一瞬、rintoの手や足をつかんでも、私の重さにrintoが耐えられないのだ……

何回やってもダメ……(息が上がってくる)
 

『ゴンちゃーん!ラスト~!』
(ラストが何回もあるのだ――うぅー)

ハァーハァー、ゼェーゼェーしながら――気合を入れる

この段になると、成功するまで、何とか頑張りたい気持ちになってくる。

できたからといって別段、何てことないことなのだけれど――

rintoと共に、一緒に頑張った“達成感!!!”を二人で分かちあい(愛)たいと思ったからだ。
 
 

一体、何回目のラストコールだったのだろうか……
 

靴が中途半端に脱げようと、よじのぼり――
rintoの手と足に、しがみついた!!

rintoは残った手足を渾身の力をふりしぼって(身体を震わせながら)手すりに絡ませ、
必死に私を支えてくれた(涙)

最後のひと伸びをrintoにつかまりながら――私も必死で手を手すりの方へ(うぅーーー)

手すりをつかんだ瞬間がきた!!

「いいよーrinto!もう大丈夫、ひとりで上れる!!」

目が合ったrintoと、ニッコリ!!
 

“やったーーーー!!!” ハイタッチ!
 

何!?この気持ちいい達成感!!!サイコーである(嬉)

rintoと“ニヤニヤ”がとまらない(プププ~)
 
 

いつの間にか抜かされた ru達から電話やラインが入っていた(苦笑)

「もう、スターバックスにいるわよ~早くいらっしゃーい」
 

これを受けて、rintoに促される――

『ゴンちゃん!急いで、ちょっと走ろう~!』
「は~い!」
 

スターバックスまで走ることに……
息切れしたよ~(あはは)
 

スターバックスに到着! 息があがっております。

スターバックスに到着!
息があがっております。

準備されていたコーヒーのお味は、格別!!
でございました。
 
 

つづく

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です