いろいろな場面の中で、
「何もしない――」ということが、上手いこと実行できないことがある

 

一見簡単そうにおもえる、
「何もしない――」ことが、なんでまたこんなにも難しいのだろう

 

それはきっと、自身の中にある、
「〇〇しなければならない」とか、「〇〇すべきだ」とか、
「どうすることが最善か……」とか――

 

様々な観念の塊が、身体中に漂ってしまっているからだろう

 

「何もしない――」って、
簡単そうで意外と難しかったりする

 

「何もしない――」が、
あたり前にできると、身体中の力が抜けて、きっと、そこから
 

 
「最適」が、
見えてくるような――そんな気がする

 

 
 
 

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です