water-1139641_1920

食事が終わり、ふぅ~と一息ついた頃。
 

調理場に設置されていた洒落た棚(推測で冷蔵庫かな!?)のことを「あれは何?」と
またまた、お地蔵さん顔の板前さんに質問したりしながら、お話をしていたら

「この建物、デザイン・インテリア等について」の話にもなり――

そこで、この店のオーナーさんについて色々と(この店のコンセプトみたいなもの)、
ちょっとしたことですが……お話を聞いて、さらに納得した次第でした。

このお店のオーナーさんは、建築士でもありデザイナーでもあるそうです。

ですから、この敷地内にある全てのデザイン設計・建築――
そして、建物内のインテリア等、厨房・調理場に至るまで、更には、食材の仕入れ・盛る器・その他、
あらゆる諸々全てをプロデュースし、そこで働く職人さんまでをも(畑違いなど関係なく)
自らの感性にいい意味で巻き込むという徹底ぶりだそうで。
 

「衛生上、これだけは譲れない。」というところだけは、
さすがのお地蔵板さんも、オーナーさんにご意見してひかなかったようです(当然ですよね~苦笑)
 
 

お地蔵板さん曰く――
「この建物内は、角がないんですよ――柱から、部屋のコーナー、置いてあるインテリアなど、
まな板・盛る器、食器類、お箸に至るまで……」

「そのどれも全てに角がないよう面取りされて、丸いんです。一体感を感じられるように――」

「角を創らないようにしているんですね」

「オーナーさんの、妥協を許さないというか、その全てを、自らが総合プロデュースする徹底さ故に
仕事全体(スタッフを含む全てのもの)がブレないで、こうして、皆様に提供することができる――」

「私は、食材が持つ本来の良さをひきだすには、どのように調理したらいいか、だけを考えてお出しする――ということに集中していればいいので」(微笑)と。
 
 

私は、このお話を聞いていて――
オーナーさんはまるで、オーケストラの“指揮者”のような方だと思いました。
同じ楽曲でも“指揮者”次第で、楽団が奏で響かせる音色は、如何様にも違ってくるからです。

美しい音色を生むには、基本的な技術は勿論のこと、その他にも重要なことは――関係性、信頼です。
その関係性のバランスの取り方がとても“絶妙”で――互いを信頼
(これは人と人の関係に限らず、食材~そこに在るエネルギー領域を含めあらゆる全てのものに対して)
していればこその、パワーの共鳴というか、ちょうどいい均衡・統合を保っているというか――
ここでも”テンセグリティー”作用が……な~んて思っちゃいました(笑)
 
 

そして、お話の最後にはオーナーさんのことを こんな風に仰っていました。
自身の手を 自分の顔の前で広げて――

「顔がこんなに大っっきくって、熊さんみたいに(笑)」
「顔ばかりじゃなく、身体もデーンっとして大きくて……」
「身体と顔の大きさと同じように、とても頼り甲斐のある人です」

と、真面目なお顔で、リピートし語っていたのが、とても印象的でした。
 
 
 

~プレゼンス“〇〇”にて~

この場と まるで溶けあうように
目の前に在るは
ホワイトの衣に身を包み、その中心はキラキラとゴールドの光を放っている。
この空間一体も
真っ白な“空”と、光輝く“源”のあたたかなエナジーを放っている。

このような“場”で時を過ごしていると――

自由自在に トリップできるような……そんな体感さえ覚える。
いや、実際、それは可能なことなのだろう。
 

キツネ雲

上空には、こんな
”キツネ雲”が在ったかも!?(笑)


 

知らぬ間に、無意識の内に……
かなり自由にあちらこちらへと創造し、トリップしているに違いない。

自身の全てをフル活動させ――
「今この瞬間」を あらゆる次元で楽しみ、味わっては、
ふぅーっと、満足の息をはく。

その空間は、全てに繊細な配慮がされている。
例えば、空間の中には、角がない――角という角は、全て面取りされている。
そこで働く人達も、マイルドである――ただのマイルドさではなく、空からセットされたマイルドさだ。

白バランス

使用される器や箸に至るまで――
目の前に映る全てのものは、乾いたものはひとつもなく、潤っているのだ。
それでいて、エナジーは軽くピュアなのだ。

料理を手がける職人さん達は、そのような空気感の中、
素材を淡々と静寂に 一品ずつ仕上げていく……
 

そんなこんなんを――
辺りを見渡しながら、感じてみたり、ふり返ってみたり……。
 

~~~~~
 
 

至福感にみたされ、ぽや~っとした頭に――
やって来たメッセージがこちら(これは忘れないように、直様メモをしました!)
 

『そこは源より繋がる空なり』
 

このメッセージを聴いて、ハッ!!としました。

自分の中で、新しいメニューを創造しました。

仕事着も変えたくなりました(只今、探し中……)
髪も坊主頭にしたい気分になりました(こちらは、思っただけで今のところ終わっている。ナハハ)
新メニューの内容は秘密です――
ジャストなタイミングで届く人には届くかと思います。
 
 
 

“とある場所”にて――
極上の場・空間・食・時間……そして、次元の共有を
この身体全体に、愉しみ、味わうことができました。
 

プレゼンス“〇〇” 大成功!
 
 

とある場所を後にして――
こんなに気持ちよく、この道を歩いて帰ることを……
数年前の私は、予想もしていなかったことだろう。
 

誘ってくれて、どうもありがとう。
そして、全てのものへ――感謝。
 
 

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です