症状イメージ
こんにちは Gonです。
今年の冬は 例年より寒さが厳しいようですが
皆様、体調の方はいかがですか?
ご自身の肉体と仲良くコミュニケーションできていますか?

「いや~イマイチ……」
「毎年、この時期は調子悪い……」
「年間通して、パッとしない……」
とか、つい頭にこんなセリフが思い浮かんだ方など
いるかもしれませんね。

私は、カラダのことに携わる仕事をして 20年以上になりますが――

ご自身のカラダのことを 一番よくご承知のはずの本人が
意外と自分自身の肉体について、他人事というか――

表出した苦痛感に対しては、色々とおっしゃいますが……
苦痛から解放されたいのは 誰しもが思うことで当然なのでしょうが、
それに対しての対処療法が最も優先されてしまうパターンが“あたり前化”し、
それによって、苦痛感を慢性化、または、パターンを変えては色々な症状を表出させたりしている――
ということに気がつかない人が多いということ

『辛い』『痛い』『シンドイ』……
このとてもシンプルでダイレクトな肉体へのアプローチは
肉体を介して あなた自身がそのことの根源について向き合うために――
気づいてもらうために 無視されないために――
出している“あなた自身からの”肉体からのSOS!でありギフトでもあるのです。
ですから、この苦痛感、本来は他人へアピールする性質のものではなく
あなた自身が受けとめ溶かし解放していくことが 本来の目的なのです
(必要に応じて、対処療法と共に取り組むことも重要なことです)

対処療法や軽減するためのノウハウ、それに伴うストレスの回避法など――
様々な取り組みを ご自身のカラダのためにとなさっている方もいるかと思います。

あなた以外のあらゆるものは “寄り添い”にすぎません

苦痛感からの解放は、あなた自身が問題の根源に “本気”で向き合い
肉体的・精神的・魂的に融合することが 何より近道であり、大切なことなのです。
そのことを 私たちは“肉体”を通して学んでいるのです。

“肉体”は とてもパワフルで 素晴らしいあなた自身の一部です
その肉体を 軽視することなく
パワーを信頼し 仲良くコミュニケーションし続けてください

あなたを癒すのは “あなた自身”なのです

カラダの症状あれこれ
次回からは、私がこれまでに携わった様々なパターンを
具体的にチラチラと書いていこうと思っています。
まずは[関節痛編]を予定しています。

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です