新年明けて、ようやく――
氏神様に、ご挨拶です。(笑)

 

この間、幾度となく、神社のすぐ横の道を、テクテクと歩いては、横切っていました。

数ある参道入口を横目に、気になりつつも、参道に入ることは一度もありませんでした。

「自然と足が向かなかった」というのが、正直なところです。

時間(帯)的や、他の目的で移動中だったりして、
通り次いでに…寄って行こう!という気が、チラッとも起きませんでした。

 

しかし、今日は、このタイミングで――


 
自然と素直な気持ちで、参道へ足が向きました。
 
 
メインの参道入口には、梅の木、


 
赤い花を咲かせ、甘酸っぱい香りを辺り一面に放っています。
 

 
その匂いに誘われ、近づいてみると――
蜂が蜜を吸っていました。
 

 
 
参道横には、結界を張るように樹々が植えてあります。
 

ご神木を横目に、
いつもの参道を進み――
 
 
 
階段を上り終える頃、
階段を挟み、左右に狛犬、
 

 

 
参拝に来た者、お散歩をする者、通学路にしている者……
様々な者達の行き来を、凛とした姿で見守ります。
 
 
 

 
小春日和、青空の下、
静かに手を合わせます――
 

祈念した後、とても清々しい気持ちになりました。
 
 
 
 
何事も「タイミング」というものが大事だなと――
 
ふと、思いました。
 
 
最適なタイミングで、事をなす時――
 
そこには、一切の無駄がなく、
ピタッとピースがハマるような、心地良さ、気持ち良さ、
が、あるように感じます。
 
 
最適な「タイミング」は、
 
思考をはるかに越えた、ふとした瞬間に、
ヒョイっと、ピタッと、
やって来るものなのですね♪
 
 
 
 

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です