%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-023

河口湖にて、もうひとつとても楽しみにしていたものが――
“富士山”を見ること、そしてそのパワーを体感することでした。

絶景の富士山に会うためには、何と言っても“お天気”です。
晴れていても雲が出てしまったら、その雄大な姿を見ることはできないからです。
前日は晴れていましたが、雲が出てしまっていたので全く見ることができませんでした。

 

河口湖を訪れて2日目――
晴天です!ありがたいことに雲も出ていません(ヤッター!)

ホテルから河口湖駅までの送迎バスの中、運転手さんがこう仰っていました。
「今日は雲がないから、富士山を見るには最高の日ですよ~」
「カチカチ山から見た“富士山”は最高に素晴らしいですよ!」
「お時間のある方は、是非、行ってみてください!オススメです」
「こういう日は、ロープウェイが混み合いますから…早い時間に行かれるとよろしいかと思います」
「お時間のある方は、是非!!」

――と、
「是非!!」2回も……リピート(笑)

この情報を耳にしたので、
この日の予定は「カチカチ山」からスタートすることにしました。

 

河口湖駅とバスターミナルは、外国人の観光客で溢れています!
(日本人より外国人の方が、圧倒的に多いです)

バスの案内をするスタッフ、駅の窓口のスタッフも皆“speaking English!”で、
次々にやって来る観光客を、敏速に指定の位置に誘導・整列させていました。
その対応の素早さは、流石!なものなのですが……
こちらから日本語で質問しない限り、私たち日本人にも“speaking English!”対応です(苦笑)
それくらい外国人観光客が多い“河口湖”となっていてビックリです。
この地で働くなら英会話は“必須”なようです。

 

これは余談ですが、

前日、たまたま乗った「河口湖・西湖周遊バス」の女性運転手さん――
こちらの方には、ホントびっくり!脱帽しました。
満員で混雑している車内に、はっきり、テキパキと、英語だけでなく、何か国語をも使ってアナウンスするのです。

しかも、ありきたりの一方通行のアナウンスだけでなく、観光客からのあらゆる質問に敏速に応え、しまいには軽くコミュニケーションまでして会話を終わらすのです。(スゴーイ!!)
で、車内に限らず、バス停留所付近で困っていそうな外人を見つけては、マイクで車外にむけて声をかけたり、停車したついでに反対側の停留所で待っている者達へは、運転席の窓を開け直接声をかけたりと……。
話しかけられた方は、安堵の表情を浮かべたりニッコリしたりと色々です。

いや~~~、驚きというか感心してしまいます。
同時に一人何役もこなすので――見ていて少々、騒がしい感じもするのですが(苦笑)
それ以上に、彼女の対応力の素晴らしさに、乗車中すっかり見入ってしまいました(笑)

 

話は戻り、
いざ、「カチカチ山ロープウェイ」へ。

晴天で雲もなく――
噂通り、ロープウェイ乗り場は列をなしていました。
20分位並んだでしょうか?(よく覚えていません)いよいよ乗車です。
展望台まで、標高差220mをわずか3分で移動します。

移動中のロープウェイの中から見た河口湖

移動中のロープウェイの中から見た河口湖

展望台では、山頂から裾野まで見渡せる雄大な富士山と河口湖の大パノラマ
そして、カチカチ山のウサギとタヌキがお出迎えです。

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-024

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-035

うわー!!
スバラシイ!!

 

『目の前にそびえ立つ 富士山

その姿は 雄大で かつ 壮大そのもの

その大きな姿とはべつに

エネルギーは透明そのもの

まるで 夢の中にいるよう

透明・透明・透明、

0ゼロであり 1で在る

『空で在る』そのもの

それは 常にただそこに在る

ただ在るだけで

人々を魅了するその姿(在り方)

この場、この空間に

いる者たち全て

非常におだやかなそのもの

皆、ニコニコと写真を撮っている

大人も子どもも

白い歯をみせ にこやかだ

ただ在るだけで――

何の制限もなく 自由に包み込むエナジー

こう在りたいものだ――』

 

 

展望台からの“富士山”を堪能した後は、
こちらより徒歩10分ほどの所にある、標高1104m天上山山頂“小御嶽神社”へ――

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-052-jpg%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b8%ae%e5%b0%8f

展望台の賑わいから離れ、
木漏れ日を浴びながら、木々の中を歩いて行きます。

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-075-jpg%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b8%ae%e5%b0%8f

こちらへ向かう人はとても少なく、のんびりとした空気に包まれながら山頂を目指します。

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-073

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-056

着きました!

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-061-jpg%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b8%ae%e5%b0%8f
天上山山頂“小御嶽神社”

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-067-jpg%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b8%ae%e5%b0%8f
小さな祠に“どんぐり”がいっぱい!

祠、正面
2本の木の間から目に飛び込んでくる“富士山”は――
それはそれは、見事で素晴らしいものでした。

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-050

 

%e3%82%ab%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%81%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%be%a1%e5%b6%bd%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1-065

うわぁーーー!!!

おもわず立ち止まり、しばし拝見――

 

そして、祠のそばで休憩……。

ここまで足を運ぶ人達はとても少なく、しかも外国の方のみ。
聞こえてくるは、英語とフランス語なので内容は意味不明ですが――
皆さん、素晴らしい富士山に感動♪~しているようでした。
そして、富士山と共に記念撮影を何枚も撮っているのが印象的でした。

 

天上山山頂での“富士山”を十分に堪能し、カチカチ山を後にしました。

この日は、とても“富士山”がよく見えた嬉しい一日となりました。

 

カチカチ山展望台より見た 河口湖。こちらの景色もスバラシイ!

カチカチ山展望台より見た
河口湖。こちらの景色もスバラシイ!

河口湖滞在中の夕飯は、とにかく早いです。

夕方5時か6時には夕飯を終わらせていました。

 

ほうとう不動にて ”名物不動ほうとう"を注文

ほうとう不動にて
”名物不動ほうとう”を注文

 

平打ち麺に野菜たっぷり 伝統の郷土料理を頂きました!

平打ち麺に野菜たっぷり
伝統の郷土料理を頂きました!

お腹の中から温まったところで――

ホテルの送迎バスを待ちます。

 

 

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です