IMG_1299.jpg縦位置調整済み①
毎年、秋に開催される 地元、氷川神社の大祭

IMG_1312.jpg縦位置調整済み①

2日目、ぶーやんとひろみちゃんも参加!

神社の境内では お囃子が鳴り響き、参道には沢山の出店でにぎわう
出店では、子ども達が喜びそうなもの~大人達が好むものまで……
大祭の2日間、神社一帯は昔からある懐かしい風景に包まれる

氏子達は、各町会が代々受け継ぎ保有している“神輿”や”山車“を倉庫から出し
各町会の半纏を纏い、太鼓や拍子木・掛け声と共に巡行する

どんなに時代が今風に進化しても――
毎年、変わらぬ年間行事に(夏の盆踊りや秋の大祭、初詣など)ホッと安堵すると同時に
歓びを感じるものである。
その中でも、特に時代に左右されず執り行われるのが
「神社」主催の行事なのではないかと――
そんな気がするなぁと、しみじみ感じた次第であります

この毎年恒例の行事を 変わらず継承し続けてくれている地域の町会の方々に
感謝、感謝です!!!

IMG_1313.jpg縦位置調整済み①

32年ぶりの宮入

さて、
昨年、とても久しぶりに担いだ“神輿”渡御(神の御霊をのせ天下平安を祈り巡行する)
今まで感じたことのないような体感に感動!!
“神輿”の真下の位置でたまたま担いでいたら――
何とも言えない祝福のエナジー!!まるで別世界なのである
神輿の重さをまるで感じないような……ふわふわと何かに包み込まれているかのような不思議な感覚

渡御の前、宮司により執り行われる“神輿”への「御霊入れ」
『これだぁ!!』と思った――
形式的なものではなく、本当に“神輿”に「御霊入れ」がされて渡御するのだと――

IMG_1320.jpg縦位置調整済み①

夕陽がとても綺麗です

以前は、“神輿”を担ぐという行為に無条件に興奮し、ただ楽しんでいたように思う

今年も、昨年同様
その“神輿”渡御を楽しもうと、もっと神のエナジーと戯れてして楽しもうと――
鳳凰の柄の手ぬぐいを 頭に被り参加(笑)

今年は32年ぶりの宮入もあり、次から次へと氷川神社参道よりに神輿が入ってくる様は
(出店が出ているので、参道は担がず歩いて運び、神殿前にて再び担ぐといったものでした)
なかなかのものでした。

2日間、いっぱい担いで堪能しました(大汗&筋肉痛…)
あははデス。

IMG_1328.jpg縦位置調整済み①

三本締めにて終了!

夏の盆踊りにしろ 秋の大祭にしろ――
参加している人達、その光景を見ている人達、
またその行事を執行して下さっている町会の方々の(とても大変そうだけど)
楽しそうな笑顔が、とても印象的でした。

笑顔のエナジー 自然と溢れ出す歓び――
ただそれだけで いいのだと――

そんな風に感じた 秋祭りでした。

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です