浅草寺 五重塔

 

年々、1年経つのが「早いな!」と感じるようになった
と同時に、つい先程のことを「遠い昔……」の出来事のように感じてみたり――
何か全てが“あっ!”という間に起きては“なくなる”……という感覚で
その“なくなる”という感覚が以前より強く感じるせいか、
終わった瞬間「記憶の倉庫」へ瞬時に移動してしまい、余韻を感じている暇もないような……
そんな風に 時間の経過というものを感じ、過ごしているのかなぁ――
なんて、おもったりなんかしている今日この頃。

スカイツリー

浅草寺から見える
スカイツリー

そんな訳で
昨年、超久しぶり(約20年ぶり位)地元・秋祭りの“お囃子の音色”に誘われ、
スイッチが入ったみたいに“神輿”を担いでから間もなく早1年。
9月に入ったら、あっという間に“秋祭り”となることが予想される

それで、今の内に準備をしておこうと――祭り用品を買いに“浅草”へ。
まぁ、大抵の物はわざわざ買わなくても持っているのだけれども……
お目当ては、足が痛く疲れないための“地下足袋”が欲しかったからね!

昨年、裸足で担いだら、足の裏が痛いのなんのったら…ありゃしない(苦笑)
このことを抜きにしたら、以前、担いでいた時より 遥かに気持ちよく――
それこそ“氏神様の御霊が乗った神輿と一体となっている感覚”を味わうことができた
素晴らしい時間だった――
この感覚を また今年も 新たな気持ちで 満喫したいと、思った

そのための準備、浅草へ~ なのだ。
今の時代、ネットの通信販売で簡単に商品が購入できるけど……
やはり、実際に色々と見て触って確認したい
それに、思い出深い“地”でもある――から立ち寄りたいと思った。

以前、神輿の会に入っていた頃は、年間を通してあちらこちらへと“神輿”を担ぎに行くのだけれど
その中でもやはり、とても思い出深く三本指に入るのが、浅草の”三社祭“だった。
江戸三大祭(三社祭・山王祭・深川祭。ちなみに日本三大祭は、祇園祭・天神祭・神田祭)だけに、
他の祭の神輿を担ぐ時より、自身の意気込みというか、気合いの入りようが違ったな……
また、それ位の気合いで挑まないと、三社の神輿は担げない――
大げさかもしれないけど……ある意味「命がけ」的。

機動隊には囲まれ足は踏まれるは(安全靴で容赦なく踏まれるとかなり痛い!)、ケンカは始まるは、
負傷者は出るは、病人・死亡者まで出るは……と、なかなかスゴイ緊張感の中での興奮状態なのである。
一日を無事終え、帰りの電車は皆“爆睡”……死んだように眠ってしまい、あっという間に終点“渋谷駅”
そして、家に帰る前に必ず“甘味”が食べたくなるという――
毎年、このパターン(笑)

三社祭の時も、よく利用していた祭り用品の店へ行くにも、地下鉄東京メトロ銀座線を利用し
終点の浅草までは行かず、ひとつ手前の田原町駅で下車し、歩いて行ったものだ。
今回もそうすることにした。
天ぷら 看板

田原町駅下車、地上に上がり、懐かしい空気感と共に、まず、目に飛び込んできたのが
通り左手にある“天ぷら屋”さん。昔からあるに違いないであろう店構えである。
天ぷら屋

『こんな店あったかな!?』毎年、幾度となくこの店の前を通っていたにも関わらず
全くもって気がついていなかったのである。
当時の頭の中は、“三社祭”のことでいっぱいで、他のものには目もくれず状態。
その時の意識の在りようが想像つく(笑)

今回は、辺りを見渡しながら“国際通り”を 祭り用品“あだちや”目指し、てくてく。
IMG_1228

懐かしの店内をクルッと、そして足が痛くなりにくい“地下足袋”を購入し、浅草寺へ足を延ばす。

“花やしき”を横目で見つつ“浅草寺”へ
浅草寺の境内は、人・人・人……しかも聞こえてくる声は、日本語より外国語が多い(苦笑)
さすが観光地である。観音堂で手を合わせようと思ったけど、そこまで行く気分すら薄れ――
遠めからお参りして退散。
仲見世も、当然のごとく観光客だらけ。
でも、せっかくだから“人形焼き(あんなし)”をお土産に買った

仲見世の人混みから脱出するかのごとく、再び田原町方面へ移動。

その途中で、ふと見つけた小さな祭り用品店へ チラっと入ってみる
ここで、ちょっとした小物を買い、この店を後にした
(この時は、次週また来店するとは微塵にも思ってもみないで退散)
浅草寺境内(サイズ調整済み)

田原町駅付近で、ようやく休憩。一息ついた後、家路へ。

自宅に戻り、早速、買ってきた“地下足袋”を履いて、ウロチョロ、ウロチョロ……
履き心地をチェック。店でも履いてみたけど――な~んかね。
これはこれで、いいのだけれど……な~んかね――

ネットでいろんな商品を調べ始めては――
他の“地下足袋”が気になり、ついでに他の商品をチラチラ見ていたら
”あっ!これ欲しいなぁ”というものを見つけてしまい(うぅー)

一気に“気分一新”モード突入。
まるで古いパターンを脱ぎ捨てるかのように――
新生なものを 身に纏いたくなったのである。
そうなると、絵柄なども明確に 自身の内側より直球でリクエストされる

このリクエストに応えるための「検索」が始まる
なかなか気に入ったものにヒットしない――

『あっ!あった!!』
早速、店舗をチェック。通販もやっているのだが……
なんと!この間、たまたま何気にチラっと立ち寄った店ではないか!?

あの時は、“気分一新”モードに意識がなっていなかったから、
サラ~っと見ただけで、シャツや手ぬぐい等の生地の違いや色・柄など……こんなにも豊富に目の前に揃って並んでいたことに――気がつかなかった。
その時の私には“本染め鯉口シャツ”や”刺し子手ぬぐい“など必要なく興味もなかったのだ。
まさに“天ぷら屋”さんに気づかなかった現象と同じなのである

意識の在りようで、見える・見ている世界が変わる――
「意識が世界を創る」の縮小版を まざまざと見せつけられた感じの出来事に遭遇するのであった。

再度、あの店へ 浅草へ――
2週連続で行くことになるとは……思わなかった(プププ~)
IMG_1242

前回、浅草へ行ったのは金曜日だった。週末ということもあって混雑していたのかなぁ。
再度、浅草を訪れたのは木曜日、しかも雨模様――
そのせいか、観光客はいるものの境内・仲見世も落ち着いた雰囲気である。

まずは、早速、仲見世通りを横切り、伝法院通りにある――
あのお店に立ち寄り、今度は、じっくり品定め。
あらかじめ欲しい商品はチェックしていたので、まずはそれを探し出す。
そして、ひとつひとつ手にとっては眺めてみる――
『うーん、どれにしようかなぁ~』最終決断はハートからの直感!
『よし、これにしよう!』
と、気持ちよく買い物を終了しました。
IMG_1245

こうなると――
人混みまばらな浅草寺に戻り、今回は“観音堂”まで足を運びお参り。
そして、隣接する“浅草神社”へも行き、久しぶりに参拝。
参拝中、蚊に何ヶ所も刺される始末(かなり痒い…)トホホ~

あまりの痒さに、アーケード内にあったドラッグストアへ一目散!
かゆみ止めを購入しようと思って、陳列棚を見渡していたら――
“虫刺され テスター”を何本か発見!
『うぉ~、ラッキー!』
成分表示をチェックして、一番効きそうな物を塗ってみた
『なんかいいかも……』
という訳で、買わずして鎮静することができました。
お店の人に心の中で『どうもありがとう~』して退散。

IMG_1247

今回は、始発の浅草駅より帰ることにしました。

2週連続で“浅草”へ
終わってみれば、あはは~な買い物劇場でした。

気分一新、新しく買い揃えたシャツや手ぬぐいを身に纏い 神輿を担ぐ――
地元の秋祭り 楽しみです。

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です