サントリー美術館
11月後半ともなると 町中“クリスマス”のイルミネーションだらけである
夜になっても あちらこちらキラキラで 眩しいくらいだね
夜風はとても冷たいけど キラキラが 何だか「うわぁ~」っていう気分にしてくれる

サンタツリー2

サンタさんがいっぱいの
ツリー☆


視覚から入る情報って もの凄くて 不思議だよねっていつもおもう
“いっぺんに”に入る情報量が ハンパない
そして その情報を カラダ中に伝える速さも ハンパない
『スゴイ!!』の ひと言に尽きる

先日 六本木ミッドタウンに ぷらぷら出掛けてきた時のこと
町はもちろん クリスマス一色 街路樹までキラキラ
ビル内にも サンタさんのツリー

ツリーサンタ2

いろんなサンタさんが
いるよ!

ビル内を ぷらぷら―― 
ぷらぷら次いでにというか 何となく流れで「サントリー美術館」へ
“高野山の名宝”を鑑賞することに……

まずは 弘法大師坐像(空海)の お出迎え
薄暗い中 ライトアップされた名宝たちを見てまわる
平日で しかも中途半端な時間だったせいか 人も少なく
ゆったり のんびり鑑賞できた

現地で拝見するのと 美術館で鑑賞するのとは ひと味ちがうけれど……
例の如く チラチラとチャネリングをしたりなんかして
心の中で 『ほぅーそっか~……』なーんて おもいながら見てまわる

曼荼羅
数ある展示品の中で 私を魅了したハイライト作品は これ!
“両界曼荼羅図”
この作品の前に立った瞬間 というより 見た瞬間 といった方が正解だ
私の中心ハートで何やら“通信”にも似た呼応が始まったのだ

私は 私の中の何が“呼応”しているのか すぐにわかった
私の中の 神聖シンボル が 曼荼羅 に込められてるエナジーと共鳴しているのだと――
呼応の内容を 活字化するならば 
お互いを懐かしむかのような ハグをするような 溶け合い歓びあうような……
具現化や明確化が困難なインスピレーションの交流を いとも簡単に瞬時にやってのける――
そんなカンジである 
一瞬で 全てを網羅するような スゴ技を
“視覚”という肉体に宿るパワーを―― 私に再認識させてくれたのだ

この体感を ここで味わえるとは……
気分はもう お腹いっぱーいってカンジで美術館を後にした

曼荼羅は 複雑なお経の内容を“絵”にした、いわば「見るお経」
神聖シンボルは Maryが「空」の中から世界を見たときに 全てが神聖幾何学のように見えた事から
描いてみようかなと――思ったのがはじまりで……
それは 大いなる何かから 個という何かが生まれる、その瞬間のベクトルの形――
(チャネリングアーティストMaryより)

どちらも 簡単には説明し難い 深遠なるものを“絵”というツールを使い 
明確化し 具現化し わかりやすくしてくれたものなのである

そのような素晴らしい“絵”を 自身の視覚を通して ただ見るだけで

思考を一切使うことなく 一瞬にして 
深遠な本当の自分の意識を カラダ中に循環することができるというわけだ

なんて スゴイことだろう!

たまたま立ち寄った美術館で 

チャネリングアーティストMaryの“絵”の深さ―― 曼荼羅図 の 深さ――

そして視覚という肉体のパワーの 素晴らしさを実感した日だったな

自身の 神聖シンボル にも感謝!!

関連記事もどうぞ♪


“あなたが あなたらしく在る”お手伝いをご一緒できたら嬉しく思います
安心の中で、寄り添い・サポートできるよう 準備してお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です